大きな病院にはできない、きめ細かい医療を地域のために・・・

睡眠時無呼吸症候群

  • HOME »
  • 睡眠時無呼吸症候群
いびきは危険信号
いびきは危険信号
あなたの眠りはいい眠り?

次の8つの状況での眠気を4段階で評価してみましょう。
合計が11点以上なら睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

無呼吸チェックシート

無呼吸チェックシート

睡眠時無呼吸症候群は潜在的なものも含めて全国に200万人以上はいるとされています。
本人は自覚症状がないことが多く、放置しておくと心臓病など恐ろしい病気の起因となります。
JRの居眠り脱線事故は記憶に新しいことですが、この車掌が無呼吸症候群でした。
当院では専門外来を設け、実際にどのような状態で睡眠時に無呼吸がおきているか検査し、
治療のための器械(CPAP)を貸し出します。

・毎朝寝覚めがすっきりしない
・時々頭痛がする
・昼間仕事中によく眠くなる
・大きいいびきをかく

などの自覚症状がある方はぜひ検査を受けてください。

整形外科、リハビリ科、デイケアについてのご相談はお気軽にお問合せ下さい。 TEL 055-220-3311 受付時間 8:30 - 18:30

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.